復旧工事報告

冬場の大雪や重機の不足等により、予定より工事の遅れが発生しておりますが、すでに復旧工事が完了した箇所もございます。
 
大量の土砂の流入、堰の崩壊などにより豪雨以降稼働を停止していた唐臼ですが、新たなる堰も完成し、ここ数ヶ月でいくつ  か稼働を再開しております。

集落内に、ますます唐臼の音が響くようになりました。被害の大きかった残る数基も、稼働が待たれるところです。

 

 崩落した採土場の安全を確保する工事も完了しました。夏前には土を掘ることができそうです。
その後、土を安定的に掘っていくための改良工事も予定されております。
5月の唐臼祭は中止となりましたが、徐々に平穏を取り戻している小鹿田です。