採土場の復旧概況


集落内の共同の採土場は、一昨年の熊本地震により一部崩落しておりました。
昨年春に可能な範囲で採土し、10軒の窯元に配り、夏より修復工事に入る予定で進めておりましたが、7月の九州北部豪雨により再度崩落。
採土できない状態となっておりました。
これまで、限りある土を分け合いながら、作陶してきましたが、今年の3月末に修復工事が完了。
5月中旬には採土作業が再開されました。
これまで採土してきた山の層と、今回整備され採土できるようになった新たな層がございますので、それらを混ぜ合わせながらの採土となるため、少々時間はかかりましたが、6月中旬、無事10軒の窯元に土を配ることが出来ました。
土がなければ何もはじまりません。
今回の災害で自然のありがたさを再認識いたしました。
すべての復旧工事が終了したわけではありませんが、
現在、各窯元では、ほぼ豪雨以前のペースで仕事ができています。
今後とも温かく見守っていただけますと幸いです。